FUJIFILM FinePix Z700EXR

FUJIFILM FinePix Z700EXR をゲット!

2018年5月28日、 ヤフオク で1,200万画素の FUJIFILM FinePix Z700EXR の中古が税込1,201円でした。 2010年2月20日発売で、オープン価格ですが発売当初の実売価格は33,000円でした。

付属品は [バッテリ NP-45A] [充電器 BC-45W] [ハンドストラップ] [専用 USB ケーブル] [CD-ROM] [取扱説明書] [化粧箱] でした。 欠品なしです。 優秀な BC-45W が付属しています。

外観はキズやスレがなく新品同様、レンズ状態は良好、バッテリは良好、そして動作良好です。 既に撮影されていたのは300枚程度で、あまり使われていなかったようです。 ほぼ新品です。

モニタには既に保護フィルムが貼り付けられていました。 中古ならではの特典 です。 新たな出費を抑えることができました。

1,200万画素あれば普通には十分です。 購入値段から考えると 1万画素=1円 かな。

[1/2型 スーパー CCD ハニカム EXR] [35〜175mm 5倍ズーム] [3.5型タッチパネル液晶] が魅力的です。



1/2型スーパー CCD ハニカム EXR

  1. CCD は1/2型とやや大きい

  2. スーパー CCD ハニカム EXR

  3. 感度が高いということは S/N マージンが上がってノイズが少ないということ



EXR 優先モード

  1. Z700EXR には3つの [EXR 優先モード] があります。 このうちの2つは画質を向上させる処理をします。

  2. 以下の表は [EXR 優先モード] の内容です。

    No. EXR 優先モード 最大記録画素数 内容
    1 高解像度優先 1,200万画素 全画素をフルに使って撮影します。一般のデジカメと同じです。
    一般のデジカメにはこのモードしかありません。
    2 高感度低ノイズ優先 600万画素 隣接する画素を1つの画素として画素混合します。
    感度が2倍相当になり、暗部ノイズを抑えます。
    3 ダイナミックレンジ優先 隣接する画素ごとに露出時間を変えた2つの画像を同時に撮影し、1つは露出時間が長い高感度画像、もう1つは露出時間が短い低感度画像を得ます。この2つの画像をを適切に合成します。
    ダイナミックレンジを最大 400% まで拡大でき、白飛びや黒潰れを抑えます。



使ってみました

  1. ファームウェアのアップデート

  2. 外観など

  3. 使ってみて

  4. 総合評価



さっそく試写!

  1. カメラ任せの [SR AUTO モード] [画像サイズ AUTO 4:3 L/M] [手ブレ補正 ON] で撮影してみました。 各写真をクリックすると、大きな元画像が表示できます。

  2. 写りも色乗りも良いです。

    [NO.1] 西郷どん (せごどん)
    1/120秒 F7.1 ISO100
    f=60mm (35mm Film 換算)
    2018/05/29 10:47
    ダイナミックレンジ優先モード

    [NO.3] 不忍池辨天堂
    1/420秒 F7.1 ISO100
    f=55mm (35mm Film 換算)
    2018/05/29 11:26
    高解像度優先モード
    [NO.2] 花園稲荷神社
    1/75秒 F3.9 ISO400
    f=35mm (35mm Film 換算)
    2018/05/29 11:22
    高解像度優先モード

    [NO.4] 紫陽花
    1/170秒 F3.9 ISO200
    f=35mm (35mm Film 換算)
    2018/05/29 07:46
    高解像度優先モード



仕様など

  1. ドキュメント

  2. ニュースリリース

  3. レビュー記事

  4. 仕様